すぎもとまさと

プロフィール

1949年 東京都生まれ。 1972年 作詞・作曲集団『フォーメン』を結成。 1975年『フォーメン』を解散。同年、シンガーソングライターとしてアルバム『あすふぁると』をリリース。

 

1976年 作曲家として本格的に活動を開始し、美空ひばり、渡哲也、研ナオコ等に作品を提供。

1983年『お久しぶりね』(作詞・作曲:杉本眞人/歌唱:小柳ルミ子)が大ヒット。翌年も『今さらジロー』(同)が連続ヒットし、作曲家として不動の地位を築く。以後、小林旭『水たまり』、因幡晃『忍冬(すいかずら)』、ちあきなおみ『かもめの街』、鳥羽一郎『北の鴎歌』、石川さゆり『恋は天下のまわりもの』、桂銀淑『ベサメムーチョ』、チェウニ『トーキョー・トワイライト』、湯原昌幸『冬桜』ほか、数多くのヒット曲を手がける。

 

2007年前年発売の自身のアルバム「Bar Starlight」に収録した『吾亦紅』をシングル・リリース。全国的大ヒットとなり、この年のNHK紅白歌合戦に58歳で初出場を果たす。